Home > Autodesk > ユーザー事例「バイオ 5」

ユーザー事例「バイオ 5」

Autodeskユーザー事例「バイオハザード 5」

キャラクターモデリングのパイプライン、リグ、触手、モーション、MT Framework、背景、リアルタイムムービーなどの説明がアップされました。

CEDEC 2008、2009、CGWORLD、GameWatch、4Gamerなどの資料も参考にすると良いと思います。

使用したメインのDCCツールはSoftimageMayaMotion Builderとの事。

今回掲載された内容は、Softimageのページに以前掲載されていた内容と同じです。


内容抜粋

イントロダクション

キャラクタ制作のパイプライン

豊かなアニメーション表現を可能にするリグセットアップ

触手キャラクタのセットアップ

インゲームのモーション制作モーションワークフロー

各種スクリプトを用いた作業の効率化

Autodesk Maya を利用した背景制作

海外との協業を成功させたポイント

最高峰のフェイシャル表現

最後に


リンク

公式

記事

関連

Capcom
Autodesk
Seminar



この記事に関連のあるページ

ソーシャルブックマーク

この記事の はてなブックマーク

この記事へのコメント

コメントフォーム

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Home > Autodesk > ユーザー事例「バイオ 5」

TopHatenar
購読者数・ブックマーク数相関グラフ
リンク - Blog
クリエイター
展覧会
Adobe
SIGGRAPH
with Ajax Amazon

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。